~繋がりやすさを、生きづらい貴方へ~

心の安全基地

#新型コロナウイルス と攻撃性

 
この記事を書いている人 - WRITER -
心の安全基地
安心安全な心の安全基地を何歳になっても獲得し発展させることをテーマに、身体、心、頭、人間関係、社会の視点から探っていきます。

ギスギス殺伐とした雰囲気が急上昇中。

お気付きの方も多いかもしれませんが、新型コロナウイルスにより世の中に不安が高まり、結果日本各地でトラブルが発生しています。私も最近類似の体験があり、マスクをしながら鼻水をすすったり、咳払いしただけでも一部の方から睨みつけられたり舌打ちをされたことがあります。あくまで一部の方です。

スーパーやドラッグストアにトイレットペーパーや保存食を買い込みに行かれた方の中には、周りのギスギスとした雰囲気に恐ろしさを感じた人もいるのではないでしょうか。

昨日電車内で咳を原因とした喧嘩が発生しました
また、マスクを巡り喧嘩も発生してます。

不安と攻撃性の関係

不安は攻撃性に繋がりかねない。これは先天的に埋め込まれた生物の本能なのです。

不安になると緊張して自律神経が、交感神経有利になるってよく言われます。

交感神経が有利ってどういう状態かというと、↓のような感じなんです。

  • ノルアドレナリンとアドレナリンが血中に分泌される。
  • 心拍が上がる(いわゆる、胸がドキドキ)
  • 血圧が上がる
  • 血管が収縮する
  • 呼吸が浅くなる

これらって、太古の昔から生き物が外敵などの脅威から身を守る際に、「戦うか逃げるか」の臨戦態勢を即座に整え、俊敏に行動に移すために必要であった体内のコンディションです。

だから、世の中の不安が高まると攻撃性が高まるのは自然といえば自然です。

頭の片隅に入れ、危険が迫ったらその場から離れましょう。

冷静さを欠いた攻撃性の塊になってしまった方に対して、いくら冷静に話をしても「火に油を注ぐ」行為になってしまうかもしれません。

私も心配しながら生活してますが、何かあれば手短に謝罪しそそくさと退散しようと思います。

こういう攻撃性が高まることもあるのだな、自分は不安なんだな、としっかりと心の声に耳を傾けることで、不安は解消され、不安に飲み込まれる立場から不安を自分の掌握できる範囲のものにできるかもしれません。人に話したり日記を書いても良いでしょう。

また、いざという時に、自分の内なる冷静な心が力を貸してくれるでしょう。

こんな動乱の世の中にも不安から目を背けずに不安と向き合い受け止めることで、自分の中に心の安全基地を作っていきましょう

この記事を書いている人 - WRITER -
心の安全基地
安心安全な心の安全基地を何歳になっても獲得し発展させることをテーマに、身体、心、頭、人間関係、社会の視点から探っていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 心の安全基地 , 2020 All Rights Reserved.