~繋がりやすさを、生きづらい貴方へ~

心の安全基地

#新型コロナウイルス と無関心な人々

 
この記事を書いている人 - WRITER -
心の安全基地
安心安全な心の安全基地を何歳になっても獲得し発展させることをテーマに、身体、心、頭、人間関係、社会の視点から探っていきます。

無関心な人々

ここ数日の間、残念ながら管理人は新型コロナウイルスについて全く意に返さずに、むしろ予防や拡大防止の行為を否定的に見ている人達の存在を知ることになりました。その人達の発言、考えを以下に紹介したいと思います。

  • 世の中の人は神経質になりすぎ
  • たいした人数の感染者・死亡者は出ていない
  • 不必要に不安を煽る必要はない
  • 死亡率や重症化率はそんなに高くはないではないか
  • 私は感染しても軽症で済む自信がある
  • イベントや飲み会の中止、欠席者にに無理解
  • 興味はないので情報収集していない
  • 手洗い、マスク、咳エチケットなんてしていない

今は、感染拡大が爆発的なものになるか、緩やかなものになるかの瀬戸際

昨日の話ですが、国の専門家会議は、今後1~2週間が感染拡大のスピードを抑えられるかどうかの瀬戸際だという見解を示しました

不安から目を背ける心理

かの有名な心理学者ジークムント・フロイトの娘であるアンナ・フロイトは、受け入れがたい状況、または潜在的な危険な状況に晒された時に、それによる不安を軽減しようとする無意識的な心理的メカニズムである『防衛機制』を世に発表した。

その防衛機制の中で、今回特に当てはまりそうなのが、否認ではないかと思います。否認とは外界に存在する外的な危険や苦痛、不快、不安、恐怖から目を閉じて顔を背け回避すること。また。不安や苦痛を生み出すようなある出来事から目をそらし、認めないことであり、見て見ぬ振りというのがわかりやすい表現。

過度に不安視して、不安に取り憑かれるのも問題ですが、全くもって存在しない物のように扱い無視に近い扱いをしているのは、無意識のうちに否認の心理が働いてないでしょうか?だから、聞く耳を持たず、自ら情報を取りに行くこともないのではないでしょうか。

想像力の欠如

無関心な人々は、ご本人としては基礎疾患もなく年齢的にも重症化する高齢者でもなく、自分には関係ないと思っているようで、それ以外の影響について想像をしていないように見えます。ご自身が軽症で済んだとしても、周囲人々や世の中への影響を生じる可能性はあり、最後はご自身の身にも降りかかるという自分事としての意識をどれだけ持てるかが大切かと思います。

  • たとえ自分が無症状・軽症でも、自分から周りに感染し、周りの子供、高齢者や基礎疾患のある人達が重症化する可能性があり得る
  • 中国では8割は軽症とのことですが、裏を返せば5人に1人の2割は軽症で済まない計算になる。高い感染力により爆発的に増えた際に、その全体感染者数に2割を乗じた場合、どれだけの非軽症の患者数になるか?そして、対処療法しかなく長期化しやすい中で医療提供体制を根幹から揺るがすことにならないか?通常の診察や処方が行える医療提供体制が機能不全化することがあり得る
  • 昨日名古屋で高速料金所事務員が新型コロナ感染により料金所を閉鎖されましたが、このように商業活動や都市機能が機能しなくなり生活が不便になる悪影響もあり得る
  • また、昨日はNY株価 1000ドル超の記録的下落となっており、日本も景気後退の煽りを受け、派遣切り、就職難、リストラの嵐が吹き荒れる可能性もある

リスクへの対処は最後は個人個人の気づきと内省

リスクと向き合うのは新型コロナウイルスに限った話ではありません。↓の通りに、類似する話は枚挙にいとまがありません。他人が言ったことろで、最終的には本人が自覚しないとリスクへの適切な対応は取れないと思ってます。管理人がこの記事をUPしたところで無力かもしれませんが、今回は社会への影響も大きいため、一人でも多くの人の気づきになればと願ってます。

  • ガンになってはじめて、タバコを後悔する人
  • 仕事も家族も財産も失いアルコール、不倫や不法行為を後悔する人
  • 自己破産してはじめて、身の丈に合わないお金の使い方を後悔する人
  • 子供の問題行動が出てはじめて、それまでの子供との向き合い方を後悔する人

ほどほどに知り、ほどほどに不安がり、ほどほどに対処する

ここまでお伝えしたいことを書いてきましたが、過度な不安を煽るつもりで筆を進めてきたわけではありません。極端な無関心、無視、無知について、少しでもあたたかい関心、協力、学びに変わればと思っています。

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
心の安全基地
安心安全な心の安全基地を何歳になっても獲得し発展させることをテーマに、身体、心、頭、人間関係、社会の視点から探っていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 心の安全基地 , 2020 All Rights Reserved.